旅行

2019年版☆WDW☆繁忙期のファストパスプラス(FP+)おすすめの取り方と優先順位、戦略を考える

更新日:

2018年6月にハリウッドスタジオのトイストーリーランド、2017年5月にアニマルキングダムのパンドラエリア、2014年に5月にマジックキングダムの七人のこびとのマイントレインのオープンに伴い、ファストパスプラスの優先順位が大きく変わりました。

特に大人気アトラクションのスリンキードッグダッシュアバターフライトオブパッセージのファストパスプラスを取るのは極めて難しくなっています。

事前にしてファストパスプラスの予約に備えましょう。ファストパスプラスの予約に際してポイントをまとめました。

そもそもファストパスプラス(FP+)とは?

事前にアトラクションの予約ができ、当日は少ない待ち時間でアトラクションを楽しめるというもの。アトラクションには、キャラクターグリーティングやショーなども含まれ、ファストパスの取得料金は無料。

ディズニー提携ホテルに宿泊のゲストは60日前から、その他のゲストは30日前から予約が可能。一日一パーク3つまで取得することができ、3つ使い切ると別パークも含め4つ目を取得することも可能。(後に詳しく記載)

60日前ファストパスプラス取得の前提条件

  1. my disney experienceのアカウントに登録できている
  2. ディズニー提携ホテルに宿泊の予約がある
  3. テーマパークチケットを購入済み
  4. チケットとディズニーアカウントの紐づけができている(公式オンラインで購入の場合は自動で紐づけされる)
  5. 家族や友達などをリストに追加

 

ファストパス取得の事前準備

  1. どの日にどのパークに行くのか決める。EMH(エキストラマジックアワー)がいつなのかをチェック、公式webサイトのカレンダーで確認できます。)
  2. Disney My Experienceでファストパスの取れる60日前がいつになるかをチェック
  3. アメリカ東部時間を携帯で設定する(3月と11月に行く人はサマータイムの切り替わりに注意)
  4. 忘れないように手帳に記入、カレンダーにアラームをつけておく
  5. いよいよ60日前、アメリカ東部時間の朝7:00から予約スタート!まずは最終日からチェック

はてな

EMH(エキストラマジックアワー)とは?開演時間よりも1時間早く入れたり閉園時間が2時間伸びたりする日のことです。東京ディズニーリゾートでいうHappy15の長いバージョンです。早く行けば普段より少ない待ち時間でアトラクションを楽しむことができます。

ポイント

混雑カレンダーより混雑度をチェックしてください。公式ページではないですがこちらがわかりやすくておすすめ。

1~3、4~6、7~10のどれになるかチェック。7以上の方は気合いを入れて予約に臨みましょう!

ファストパスプラスを取得する順番はスリンキードッグ→アバター→七人のこびと

ファストパスの優先順位は絶叫系を外すという方以外は、ファストパスはアトラクションの人気順(待ち時間の長い順)に取得で間違いないです。

東京TDRもそうですが、基本は待ち時間の長いものから取得していきましょう。

人気アトラクショントップ3

  1. スリンキードッグダッシュ(Slinky Dog Dash Roller Coaster
  2. アバターフライトオブパッセージ(Avater Flight of Pasage
  3. 七人のこびとのマイントレイン(Seven Draws Mine Train
めい
この三つを制する者はWDWを制する
うっしゃぁぁぁぁ!気合い入るね~
ピロピロ

ファストパスはパークを訪れる初日の60日前に、パーク滞在の初日から最終日分までのファストパスの取得が可能です。

ということは、パークに5日滞在の場合、パーク滞在の最終日分は65日前に予約できます。つまり長期滞在の方がファストパスプラス取得に有利、ということです。

ちなみにほとんどの方は1週間くらいバケーションを取ってWDWに訪れるので60日前にチェックしても初日、2日目、3日目の分は既にファストパスがなくなっている可能性があります。

つまり、行列必至のアトラクションは最終日に近い方から取得したほうが取れる可能性が高くなります。

参考

筆者はアメリカの大型連休の直前(混雑度9)に3日間だけWDWを訪れました。60日前8時の予約でアバターフライトオブパッセージは最終日分に何とか20時~を押さえることができましたが(他の時間帯は全て完売)、さすがに2日目分にスリンキードッグは残っていませんでした。

ファストパスを取る順番(EMHがない場合)

スリンキードッグ最終日(ハリウッドスタジオ)

アバターフライトオブパッセージ最終日前日(アニマルキングダム)

七人のこびとのマウントレイン最終日前々日(マジックキングダム)

上記の順で予約することをおすすめします。それに加えてEMHを利用してパークで遊ぶのか、またはEMHはあえて外す(上級者向け)のかどうか考えましょう。

注意ポイント

混雑度7~10に行く方はEMH開催日も考慮した方が良いでしょう。EMHのあるパークは、多くの人が訪問を予定しているためお昼前から大混雑したりファストパスの数が少ない=競争率が高くなることがあるので頭の片隅に入れておきましょう。

アメリカの大型連休の週に訪れるなど、余程のことがない限りEMHの朝の時間帯はゴールデンタイムなのでなるべく外さず活用するべきです。が、早起きが得意ではない人は要注意です。EMHといっても30分も経てば混雑してきます。寝坊してしまうと最も混雑しているパークにわざわざ出向くことになります。

また、夜のEMHがあるパークは昼頃から混雑が増すばかりであまりおすすめしません。だらだらと行列に並ぶことになるので早めに切り上げて次の日の朝に備えた方が吉です。

ひとこと

アバターとスリンキードッグの優先順位は好みになりますが、最新アトラクションであるスターウォーズのギャラクシーエッジ(2019年8月29日スタート)の影響によりハリウッドスタジオは大混雑が予想され、スリンキードッグのファストパスはますます取りにくくなるでしょう。

ファストパスが取れなかった場合は、パーク開園の一時間半前には到着することを推奨します。荷物検査に時間がかかりますので時間には十分に余裕を持ってください。

当分の間、ギャラクシーエッジのファストパスはありません。

ファストパスのおすすめの時間帯はお昼頃

ファストパスを3つ全て使い切ってしまえば4つ目が取得できるので全て午前中に取得したいですよね?

ですが、4つ目が取れるような日は午前中はそれほど混んでいない日が多いので、午前中はスタンバイでアトラクションを楽しんで、昼頃の混雑し始める時間帯にファストパスを取得しようと考える人が多いようです。

そのため、昼間のショーやパレードのない時間帯からファストパスは無くなっていきます。繁忙期だと開園して数時間で混雑しますので最初のアトラクションを11時~14時頃で取るのがおすすめです。

注意ポイント

同じ日にバラバラのパークのアトラクションのファストパスを取得することはできません。ファストパスは同じパークで3つまでです。

4つ目は使い切ってから取得できるので当日まで4つ目が取れるかはわかりません。超繁忙期は基本的に4つ目は取れないと考えてください。4つ目は別のパークのアトラクションを取得することが可能

メモ

アトラクションのファストパスを取得し、次のアトラクションが取れるのはスタート時間の一時間後です。

例:スリンキードッグ13時~14時、エイリアン14時~15時

Tier1、Tier2って何?ファストパスにはAとBの2つのグループ分けが存在する。

アバター、スリンキー、七人のこびとのマイントレインを取得する日を決めたら、次は他のアトラクションを決めましょう。

注意ポイント

ファストパスにはグループ分けがあり、同パークの人気のアトラクションは1つしか取れないようになっています。

例えばトイストーリーエリアのスリンキードッグエイリアンは同じグループのため一緒には取得できません。皆が人気のアトラクションを1つは楽しめるよう、公平性が保たれています。

基本的には大人気アトラクションのTier1(A)から1つ、その他のTier2()から2つ選ぶようになっています。(またはBを3つ)以下AグループとBグループとします。

マジックキングダムにはグループ分けは存在しませんので自由に選ぶことができます。

各パークのファストパス対象アトラクション一覧(解説あり)

Tier1(グループA) Tier2(グループB)
マジックキングダム
  • イッツアスモールワールド
  • ビッグサンダーマウンテン
  • バズライトイヤーのスペースレンジャースピン
  • 空飛ぶダンボ
  • エンチャンテッドテールウィズベル
  • ホーンテッドマンション
  • ジャングルクルーズ
  • マッドティーパーティー
  • プリンセスフェアリーテールホール
  • アリエルのグロッド
  • タウンスクエアシアター
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • モンスターズインク ラフフロア
  • ピーターパン空の旅
  • カリブの海賊
  • 7人の小人のマイントレイン
  • スペースマウンテン
  • スプラッシュマウンテン
  • バーンストーマー
  • アラジンのマジックカーペット
  • プーさんの冒険
  • トゥモローランド スピードウェイ
  • アンダーザシー リトルマーメイドの冒険
なし
ハリウッドスタジオ
  • スリンキードッグダッシュ
  • エイリアンズスワーリングソーサー
  • トイストーリーマニア
  • ロックンローラーコースター(8/29以降)
  • タワーオブテラー(8/29以降
  • ロックンローラーコースター(8/28まで)

  • スターツアーズ
  • タワーオブテラー(8/28まで)
  • リトルマーメイドの旅
  • ディズニージュニアライブオンステージ
  • フローズンシングアロングセレブレーション
  • インディジョーンズエピックスタントスぺクタキュラー
  • マペットビジョン 3D
  • ファンタズミック(ショー)
  • 美女と野獣ライブオンステージ

エプコット
  • フローズンエバーアフター
  • テストトラック
  • ソアリン
  • イルミネーションズ(ショー)
  • ミッションスペース
  • スペースシップアース
  • シーウィズニモ&フレンズ
  • リビングウィズザランド
  • ピクサーショートフィルムフェスティバル
  • ジャーニーイントゥーイマジネーションウィズフィグメント
  • タートルトークウィズクラッシュ
アニマルキングダム
  • アバターフライトオブパッセージ
  • ナヴィリバージャーニー
  • ダイナソー
  • エクスペディションエベレスト
  • ファインディングニモザミュージカル
  • フライツオブワンダー
  • イッツタフトゥービーアバグ
  • カリリバーラピッド
  • キリマンジャロサファリ
  • アドベンチャーアウトポスト
  • プライミーバルウィール
  • リバーズオブライト(ショー)

ハリウッドスタジオ解説

まずはスターウォーズエリアのオープンで大混雑が予想されるハリウッドスタジオから。Aグループについてはスリンキードッグ、取れなかったら、次に人気のエイリアンズスワーリングソーサーを選びましょう。

トイストーリーマニアは夜頃になると待ち時間が比較的短くなるので見計らってスタンバイでいきましょう。

Bグループについては待ち時間が長いのはロックンローラーコースタータワーオブテラー(日本のものより怖い)です8/29からはAグループに変更)。3つ使い切ったら当日ファストパス4枚目にファンタズミックのファストパスを狙いましょう。

繁忙期に行かれる方は当日ファンタズミックは既に完売している可能性がありますので、事前にファストパスを取得することをおすすめします。

繁忙期のファンタズミックでのスタンバイは待ち時間が恐ろしく長くなることが予想されます。

アニマルキングダム解説

Aグループについてはアバターフライトオブパッセージで間違いないですが、取れなかったらナヴィリバージャーニーを取得しましょう。

次にBグループについてですが、まずキリマンジャロサファリは朝の時間帯に混雑が集中することを頭に入れてください。

理由は朝の時間帯が最も動物が活発に動き、様々な動物に出会える確率が最も高いからです。

アバターフライトオブパッセージのファストパスが取れていない場合、朝イチでアバターにスタンバイに向かうと思います。

キリマンジャロサファリは開園から1時間後くらいにファストパスを取得しておくと良いでしょう。(例:8時開園の場合、9時~10時の時間帯を取得する)

注意ポイント

もしファストパスの時間に間に合いそうにない場合は、アプリで時間やアトラクションを変更することができます。やむを得ない場合は他のアトラクションにするか時間を変更(空きがあれば)しましょう。

アバターのファストパスが取れている場合、開園後、ナヴィリバージャーニーへスタンバイで並び、その後すぐにキリマンジャロサファリへ向かいスタンバイに並びます。

スタンバイでもそんなに待ち時間は長くなりませんが心配な人はファストパスを取得しておきましょう。

カリリバーラピッド(運が悪いと結構濡れます!)やアドベンチャーアウトポスト(ミッキーに会いたいなら)を午前中にスタンバイで済ませ、お昼頃から大変混雑するエクスペディションエベレストダイナソーはファストパスで行くのがベターです。

ダイナソーはあまり評価が高くはありませんが待ち時間はとても長いので繁忙期のスタンバイはおすすめしません。

メモ

アバターエリアやキリマンジャロサファリなど朝イチで人気のアトラクションがパークの西側に集中しているため、ほとんどの人はパークを左回りで移動します。なので朝の時間帯は東側が空いています。アバターに身長制限で引っかかるキッズがいる場合は右回りを検討してみても◎

マジックキングダム解説

マジックキングダムで最も混むのは七人の小人のマイントレインです。残りの2つは完全に個人の好みとスケジュールによりますので好きに選んでよいと思います。

開園一時間後に既に一時間待ちになってしまうアトラクションはスペースマウンテンビッグサンダーマウンテンスプラッシュマウンテンピーターパン空の旅です。

これらは東京TDRにもありますが、スペースマウンテンは縦に一人ずつ座るコースターが面白いので個人的にはおすすめします。

東京TDRにはないプリンセスやティンカーベルなどのグリーティングがあるので昼の混雑する時間帯にそちらのファストパスを取っても良いですね。

エプコット解説

Aグループについては最も人気が高く回転率の悪い(?)フローズンエバーアフターを選びます。テストトラックは開園直後に、ソアリンは開園2時間後くらいまで待ってからスタンバイ列に並びましょう。

注意ポイント

開園~30分の間はゴールデンタイムです。この時間にアトラクションに乗れるようにするためには開園一時間前に到着し開園時間には荷物検査を済ませておくことが望ましいです。ちなみに開園30分~1時間半くらいが一番混み、実は2時間後には少し落ち着いて若干少ない待ち時間でアトラクションに乗れたりします。

希望のファストパスが取れなかった場合

60日前、アメリカ東部時間の朝7時に準備万端で頑張ったけど取れなかった場合もまだ終わってません。ファストパスの予約は常に変動しています(皆が時間の調整をしている)。

7時半になって急に空きがでることもあります。ショーやパレードの時間帯をキャンセルする人もでてきます。

当日にアトラクションに間に合わない人が他のアトラクションに変更する場合も十分考えられますので最後まで諦めないでくださいね。

ファストパス取得のポイント

step
1
TAP(タップする)

step
2
GRAB(つかむ、選択する)

step
3
MODIFY(修正する)

選択しているアトラクションの変更、時間の変更はアプリで簡単にできますので、空きが出ていないかこまめにチェックするといいですね。

以上!パレードやショーの時間にも注意してね。

最後にEMHやパレード、ショーの時間のチェックの仕方です。パレードやショーも見たい人は開始時間がファストパスの時間帯とかぶらないように必ずチェックしてくださいね。

印刷して書き込んで戦略を練るのが◎

公式ホームページのトップページのPark&Ticketsタブにカーソルを合わせるとPark Hours for...が出てくるのでそれをクリック

次回は身長制限のある幼児連れバージョンの記事を書きたいと思います。

 

スポンサードリンク

-旅行
-

Copyright© LIFE IS JOURNEY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.