ミシガンローカル

北アメリカのBackyard Bird~ミシガンで出会った小鳥たち~

アメリカに住んでいると日本では見たことのない色とりどりの鳥たちに出会うことができとても癒されますね。

今回はミシガンで筆者が出会った小鳥さん達をご紹介します。調べてみると北アメリカ全土に生息しているようです。

ポイント

撮影に使用したレンズは最高210mmの望遠レンズ、撮影場所はミシガン州のKensington Metro Park(ケンジントンメトロパーク)です。

White-Breasted Nuthatch(ムナジロゴジュウカラ)

とても人懐こく、餌を見せると手のひらに飛んできてくれます。

kri,kuri,kuriと鳴き、餌をせがんできてかわいい…

(左又は上から順にオス、メス)

Tufted Titmouse(エボシガラ)

前髪をポマードにセットしてるかのよう。こちらも人懐っこく手の上に乗ってきてくれます。

Blue Jay(アオカケス)

青々とした羽がとても美しいブルージェイ!Jaay, Jaayと鳴きます。後ろ姿もとても美しいですね。

Northern Cardinal(ショウジョウコウカンチョウ)

オスは鮮やかな赤色でちょっぴり怖がり、通称カーディナルです。オレンジくちばしが特徴です。比較的よく見かけますね。

(左又は上から順にオス、メス)

Eastern Bluebird(ルリツグミ)

鮮やかなブルーが本当に美しいイースタンブルーバードです。遠目でしたがとても癒されました…

こちらはニューヨーク州と、ミズーリ州の州鳥になっています。

American Goldfinch(オウゴンヒワ)

写真が見にくいですがこちらはメスのゴールドフィンチです。オスは頭が黒くなっています。

これらの小鳥たちはごく身近な鳥ばかりで、餌置きを設置しておけば自宅でも気軽にバードウォッチングできます

←窓に張り付けるタイプはすぐ間近で観察できますよ。

Red Winged Blackbird(ハゴロモガラス)

日本語名ではカラスとなっていますがカラスではありません。メスは地味ですがオスは派手ですね。

(左又は上から順にオス、メス)

Common Grackle(オオクロムクドリモドキ)

近くで見ると虹色に輝く美しい鳥です。目がきつめ…

Brown-headed Cowbird(コウウチョウ)

牛の群について回り、牛が追い出す虫をとって食べるのでCowという名前がついているそうです。

キツツキ

ポイント

漢字では啄木鳥(キツツキ)と書きますが古語で啄木鳥のことをケラといいます。

Red-Bellied Woodpecker(シマセゲラ)

真っ赤な頭に水玉模様のボディがとても目立つキツツキさん、あまり警戒心はないようです。

Hairy Woodpecker(セジロアカゲラ)

写真のものはメスですが、オスは頭に赤い斑点があります。peekと鳴きます。

Pileated Woodpecker(エボシクマゲラ、カンムリキツツキ)

紹介している鳥の中ではだいぶ大きめの鳥さん。迫力があります。

American Robin(コマツグミ)

街でもよく見かけるこちらのアメリカンロビンはミシガンとウィスコンシンの州鳥(state bird)です。アメリカでロビンといえばこちらの鳥さんです。

Mourning Dove(ナゲキバト)

どこでもよく見かけるハトさんです。cooooo-woo-woo-wooooと鳴きます。嘆いているみたい?

もっと北アメリカの鳥について知りたい方はこちらの本がおすすめ(キッズ用)。

気軽に小鳥の名前を覚えたい方はこちらのポスターが可愛いですよ。

めい
↑上はミシガンで見られる鳥さんたち。他の地域もあるよ
スポンサードリンク

-ミシガンローカル

Copyright© LIFE IS JOURNEY , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.