未分類

2018‐2019年版☆WDW☆子連れ(幼児連れ)におすすめの周り方、実際に周ったタイムスケジュール、アニマルキングダム編

投稿日:

前回はハリウッドスタジオ編について書きました。

今回はアニマルキングダム編について書いていきます。

混雑度は以下の混雑カレンダーで10段階中の9

https://www.undercovertourist.com/orlando/crowd-calendar/December-2018/#calendar

  1. ハリウッドスタジオ編
  2. アニマルキングダム編
  3. マジックキングダム編

【アニマルキングダム編】

混雑時の子連れWDW(アニマルキングダム)のおすすめの周り方

アニマルキングダムはアバターエリアのオープンに伴い、おすすめの周り方が大きく変化しています。やはりポイントは、

☆1番人気のアバターフライトオブパッセージのFPは必ず取得しておきたい

これが取れるか取れないかによって起床時間が大きく変わってきます。

まずは取れた場合のおすすめの周り方です。

  • 開園1時間半前(朝一アバター)もしくは20分前(朝一ナヴィ)には到着、荷物検査を済ませ入場します。
  • 開園と同時にアバターエリアでFPの取れなかった方のアトラクションへ
  • キリマンジャロサファリ(朝早ければ早いほど動物に出会えますので、できればEMHを利用してください。)
  • カリリバーラピッド(ずぶ濡れになります)チャイルドスイッチ利用
  • ダイナソー(待ち時間が短ければ)
  • トリケラトップスピン
  • ファインディングニモ(40分と長いので幼児にはきついかな?)
  • ランチ
  • イッツアタフトゥービーアバグ(子供が喜びます)
  • アドベンチャーアウトポスト(ミッキーミニーと記念撮影)
  • FP推奨 エクスペディションエベレスト(迫力満点)チャイルドスイッチ利用
  • フェスティバルオブザライオンキング
  • ゴリラフォールエクスプロレーショントレイル
  • FP強く推奨!アバターフライトオブザパッセージ(間違いなく世界で一番のアトラクションです)チャイルドスイッチ利用
  • アバターエリアでディナー、夜景も綺麗です。
  • リバーオブライト(元気があれば)
  • 最後に輝くツリーオブライフの前で写真撮影することをお忘れなく

 

では私たちが実際に周ったタイムテーブルです。ショーの時間によっては思うようにいかないことも多いです。気持ちにゆとりをもって周れると良いですね。

 

  • 8時開園15分前に到着
  • 8:00~8:15 開園5分前に入場しナヴィリバージャーニー(AKで2番人気)
  • ポンゴポンゴで奇妙な色のドリンクを購入
  • 8:40 アバターエリアでフォトパス撮影(おすすめ)
  • 8:50~9:20 FPでキリマンジャロサファリ(スタンバイは20分待ちでした)
  • 9:30~10:00 カリリバーラピッド10分待ち(カッパ持参です)チャイルドスイッチ利用
  • 10:10 エベレストを背にフォトパス撮影
  • 10:20~10:40 トリケラトップスピン 10分待ち 身長制限なし
  • 10:50~11:50 アドベンチャーアウトポストでミッキーにご挨拶 60分待ち(長くても40分待ちくらいの時に並ぶべき)
  • 12:00~12:40 ヤク&イエティローカルフードカフェでランチ(神戸牛は失敗)
  • 13:00~13:35 イッツアタフトゥービーアバグ 20分待ち
  • 13:45~14:20 FP利用でエクスペディションエベレスト チャイルドスイッチ
  • 14:30~15:30 フェスティバルオブザライオンキング 15:00の部(席は後ろの方でも問題なし)
  • 16:00 ライフオブツリーの前で記念撮影
  • 一旦ホテルに戻る(アニマルキングダム広すぎて本当に疲れました)
  • 19:50~20:50 FP利用でアバターフライトオブパッセージ チャイルドスイッチ利用
  • アバターエリアの夜景を楽しんで帰宅

 

WDWではスタートダッシュで走る人はいないとブログで見かけましたがアバターフライトオブパッセージに限ってはそんなことありません。走っている人います!地面も霧で濡れて滑りやすく、危ないです。FPが取れなかった時には気合いを入れて1時間半前には到着してくださいね。

アニマルキングダムは移動が大変!かなり歩かされます。7歳くらいまでの子供は午後には疲れて寝てしまうと思うのでお昼寝用のバギーがあるといいですね。アニマルキングダムはハイライトだけを行くと半日で済んでしまうかも。アニマルキングダムの近くにホテルがあると一度休憩しに戻れてよいですね。

アバターエリアは昼間も夜も素敵なフォトスポットがたくさんあります。マップにフォトスポットが書いてあるのでぜひカメラマンさんに撮ってもらってください。

 

-未分類

Copyright© LIFE IS JOURNEY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.